歯が痛い 神経の(根の)治療

親知らずが痛いってホント?

更新日:

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

 

北川デンタルオフィスの北川です。

 

昨年、秋も深まった頃。

 

長く診せて頂いている方からのご紹介で

Bサン(50代男性)はお見えになりました。

 

なんでも、下の奥歯が痛くて痛くて

食事もままならず、仕事にも支障が出ているとのこと。

近医では下の一番奥の歯を

骨の中に埋まっている親知らずが押していて

それが悪さをしているんだと。

親知らずは骨の奥深くに埋まっていて

神経にも近いので

大学病院を紹介され

年始には全身麻酔で抜歯を予定してると。

それまで、この痛みとお付き合いかと思うと・・・

そして、なにより全身麻酔で入院か・・・

 

ということでした。

すでに入院前の検査の予約もありましたが

とりあえず電話でお話しました。

 

私  「どんな感じですか?」

Bサン「少し前が一番痛くて、寝る前が特にひどく痛みます。」

私 「寝る前ですか?なるほど、ではそれ以外にどんな感じの痛みを感じていましたか?」

Bサン「冷たいものや熱いものがしみてしみて・・・」

私 「なるほど、しみていたんですね。。。。。。ひょっとしたら原因は親知らずではないかもしれません。

念のため、一度診せてもらえないでしょうか」

 

ということでお見えにりまして。

 

47診査

 

左下に横たわっている白いヤツが親知らずですね。

 

で、答えを言うと手前の歯の神経の痛みでした。

 

47RCF後

まず、このX線と問診で親知らずを原因とする開業医の先生がスゴいです。

病院に上がったばかりの学生みたい(汗)

患者さんの幸福を破壊するパワー抜群です。

痛みを我慢させたあげく、上塗りして

結果、治らないんですからね・・・

 

そして、

紹介医の注文に口を出してはいけないんでしょうが

神経の麻痺の可能性もある全身麻酔の難しい抜歯を

しようというのに、誤診を疑わない大学病院もスゴい。

患者さんは、

「え?大学の先生も同じ診断だったから・・・」

とおっしゃいましたが

多分、診断してないですね、これ。

紹介の手前、紹介先の注文を断れないという不文律があるらしいのですが

これくらいリスクが高くて

しかも治らない事が分かっているのに

ちょっとは患者さんの身になってもいいのになぁと。

 

12月にウチで神経を取ったところ

その日のうちから痛みが消えて

お正月を快適に過ごせたそうです。

で、年始に痛みの確認をして

根の治療を終わりにしました。

 

まとめ

・医療ではセカンドオピニオンは必要です

ありえない診断をする「先生」が少なからず存在します

・たとえ大学病院でも診断を疑いましょう

日本特有の助け合い文化が根深く存在する世界です

・優しい友人を大切にすること(笑)

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

 

The following two tabs change content below.

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-歯が痛い, 神経の(根の)治療

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.