クリーニング&メインテナンス

自分に合う歯ブラシの選び方は?

更新日:

自分に合う歯ブラシの選び方は?

ドラッグストアでも歯科医院でも歯ブラシはたくさん並んでいます。あなたはどうやって歯ブラシを選んでいますか?今回は上手な歯ブラシの選び方をご紹介します。

歯ブラシの目的は?

歯ブラシの役目は、歯についた食べかすや歯垢を取ることです。つまり、歯の掃除ですね。では、お家を掃除していて、埃が溜まっているのはどこでしょう?あるいは掃除をしても取りきれない埃はどこにあるのでしょう?そう、端っこや隅っこ、手の届きにくい場所です。ではお口の場合はどこでしょう?

歯と歯の間、歯と歯茎の間ですここにブラシが当たることが何よりも大事なポイントです。ここに当たれば他のところは大体磨けています。

歯ブラシ選びに外せないところは?

歯と歯の間、歯と歯茎の間に歯ブラシの毛先が届かないと食べかすや歯垢は取れません。このすき間に歯ブラシの毛先が届けばOKです。ということは、

  1. 歯ブラシの毛先は細い、もしくは極細であること
  2. 歯ブラシの毛は普通から柔らかめであること

これが歯ブラシ選びに外せない条件です。あとは、毛束の大きさや形、密度、握り手の太さや形です。これは人によってお口の大きさも手の大きさも違います。当院でも皆さまの状況に合わせていくつか種類を用意しています。いくつかご紹介します。

↓スタンダードなものCi700sタフトs

↓スタンダードに近いが、やや毛束が大きめ、毛束にコシがあり、歯茎を傷めずに汚れだけ取れる特殊な毛を採用グッペリ

↓毛束が大きめ、お口の大きい男性やインプラント義歯が入っている方などライカブルミニ

↓毛束がとても柔らかく、歯茎が弱い方、腫れている場合などペンフィット

まとめ

  • 歯ブラシの目的は歯と歯のすき間、歯と歯茎のすき間の食べカスや歯垢を取ること。
  • 歯と歯のすき間、歯と歯茎のすき間を洗うには細くて柔らかめの歯ブラシが必要
  • 以上2点を押さえたら、あとはお口や手のサイズ、歯茎の状態などで決める
  • まずは、かかりつけの歯科医院で、ご自身に合った歯ブラシを紹介してもらうのがオススメ

 

 

The following two tabs change content below.

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-クリーニング&メインテナンス

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.