ハミガキ

自分にあった歯ブラシは?その1

投稿日:

今日もありがとうございます!!

 

20130323-193833.jpg

 

みんな今ごろ花見だよねー

って独りでパソコンの前にいるワタシ(T_T)

あーたまには弾けたーい(というか壊れてみたい。(^O^)<<<)

春ですしね(カンケーなし)

 

 

さて、

こないだ、近所のダイエーに魚を偵察に。。。

休みの日は料理をして気分転換するので

大衆魚(アジとかイワシとか、サバとか)をおろしては

色んな料理をすることがおおいですー♬

え、1匹50円のイワシを買い込み

レジに向かう途中。

 

おーそういえば、最近のダイエー歯ブラシ事情はどーなん?

と思って覗いてみました~

写真 2013-03-10 12 12 22

すげー多すぎ(・0・)

 

 

ということで!

 

「自分に合う歯ブラシを選んでみよう」

 

 

スーパーやドラックストアーに行くと、

どれを買おうか迷ってしまう程

た~くさんの歯ブラシがあります。

あなたは何で選んでいますか?

たとえば

 

□やっぱ見た目っしょ
・カワイイのが一番。(⌒―⌒)
・子供なんで、キャラがないと歯ブラシを持ってくれないんです~というママ

 

□そりゃぁ自分の口に合うサイズとか硬さでしょ?

 

□うーんメーカーの宣伝文句は見ちゃうよね、
今までよりも汚れが30%以上落ちる!
なんて書かれていたら買っちゃうかも~

 

 

いやいや、うん、歯ブラシを選ぶだけで一苦労しそうですねぇ

で、

 

 

歯ブラシがたくさんある理由。

これは

機能的な事が一番の理由なんです。

 

口の中は、

汚れを直に見てゴシゴシ落とせる食器と違います。

自分では良く見えない狭くて小さなお口の中を洗うのは一工夫いるらしい。

そして、その道具を使う人も色々です。

 

器用な人も、不器用な人も、子供も、お年寄りも、手がうまく使えない方も。

忙しくて時間が取りにくい人も、ゆっくり歯ブラシをする人も、

子供の仕上げ磨きをするママも、介護で歯ブラシをしている方も。

実は、そこに歯磨きのコツが隠されているのです。

自分の口に合う、効率よく汚れを取れる歯ブラシを選んでみる

これがコツのひとつです。

 

でもそんなこと言ったって、

「それが分かれば苦労しないじゃん」

それはそうです。

 

お口の中は、人それぞれ。

口の大きさ、唇や頬の柔らかさ、歯の大きさ、形、並び、顎の大きさ、舌の大きさ、

天然の歯なのか、治療した人工の歯なのか、歯茎の形、性質など等、様々です。

また、食器と違って、お口は感覚を持っているので、

歯磨きのときに痛い、しみる、吐き気が出やすい・・・など

感じることがありますよね。

 

 

では、自分に合う適正な歯ブラシはどのように選べば良いでしょうか?

ここでは、優れた「歯ブラシ」の基準の紹介ではなく、

使用する「人」基準で考えた選択の仕方をご紹介しようと思います。。

人それぞれにお口の特徴があるなら、歯ブラシの使い易さも人それぞれです。

汚れが良く取れるとされる優れた歯ブラシも、扱いにくければ

効果は出にくくなってしまいますから。

 

 

1.歯の状態

☆知覚過敏がある(冷たいものにしみる)、歯茎が痩せている方

⇒硬い歯ブラシは控えてください。

硬い毛束は、歯や歯茎に必要以上の力が加わります。

歯ブラシは当てる「力」に注意が必要なんです。

当て方が強すぎると、歯茎が更に痩せてしまいます。

さらに、象牙質、セメント質と呼ばれる歯の組織を削ってしまうことがあります。

ちなみに、電動歯ブラシも考え方は同じです。

注)音波ブラシ、超音波ブラシは別物です。

(当院では音波ブラシをオススメしてます)

 

 

☆歯と歯の間に隙間がある、人工の歯(セラミックの被せ物やブリッジがある)

毛の長さは普通かやや長い方がいいでしょう。

人工の歯は、歯と人工歯の境目を歯茎の下に隠したりしますので

あんまり強く磨くと歯茎が痩せて境目が見えてきます。

また、繋がっているブリッジなどは、短い毛束だと隙間に入りにくいものです。

短い毛先はどうしても細かいところが磨けず、隙間に当てようとすると必要以上に力が入ります。

そうすると、また、歯茎が痩せてしまいますし、細かいところは磨けません。

歯や冠の隙間に歯ブラシの毛を入れるには、毛の弾力を生かせるものがお勧めです。

毛の硬さは、普通から柔らかめが適当です。

 

 

2.歯茎の状態

☆腫れている、血が出やすい

1.と同じく、硬め、短い毛束は避けましょう。

歯肉炎や、歯周病の可能性があるので、汚れの入り込む歯と歯茎の境に

当てやすいもの、毛先を細く軟らかく加工したものがイイと思います。

☆歯茎が痩せやすい、歯ブラシの刺激を感じやすい

女性によく見られますが、歯茎が薄いことが影響していることが多くあります。

硬いブラシは避け、普通から軟らかめのブラシが良いでしょう。

ただ、市販のものは普通でもメーカーによっては硬いです・・・

毛先の細いブラシも、使う角度によっては、歯茎を痩せさせる刺激になることが

ありますので使い方に注意が必要です。(これはまた今度)

 

 

このまま次回に続きま~~す。

お楽しみに~

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

北川俊哉

The following two tabs change content below.

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-ハミガキ

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.