歯科恐怖症でも安心な東京日本橋の歯医者

北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備

 TEL 03-3272-7877

月曜~金曜 9:30~18:00/月2回土曜日 9:30~17:00

歯が痛い

歯が痛いのは嫌なものです。実は歯の痛みは虫歯だけではありません。原因はさまざまで、一つに絞りこむことができないものなのです。

1.知覚過敏症

知覚過敏症

冷たいものが一瞬しみるという感覚の症状です。原因は、敏感な歯の根の表面が露出している、歯ブラシのあて方が強すぎる、歯ぎしりや噛み締めなどの強い力が歯に加わっていることなどがあります。歯の根が露出してきたり、くびれ始めると顕著になります。

治療方法

  1. お薬を塗る。
  2. 歯のくびれを白い材料で埋める。
  3. 歯ブラシを柔らかいものにする。
  4. 噛み締めや歯ぎしりが原因ならマウスピースを装着する。

2.虫歯

虫歯
虫歯が進行すると、「冷たいもの、熱いもの、甘いものがしみる、噛むと痛い」と感じます。痛いのは歯の中の神経に刺激が加わるからです。
刺激が加わった時にだけ痛むのは初期か慢性の歯髄炎です。虫歯が神経に達すると中で脈を打ったように痛む歯髄炎になります。虫歯は歯が腐ったものです。進めば進むほどたくさん取り除かなければなりません。
その為、痛いと思ったらす早めに歯医者さんにみてもらう必要があります。

3.歯根膜炎

歯ぎしりや噛みしめで、持続的に歯に強い力が加わると「歯の奥がうずく、歯が浮いた感じがする」と感じます。

この治療には、「詳細な問診・拡大視野での治療・時間」が必要です。その為、現状では保険診療では十分な対応ができません。

当院では実績がありますので、お気軽にお問合せください。

4.連関痛

歯ぎしりや噛みしめで過剰に噛む筋肉を使い続けた場合に、本当は噛む筋肉の筋肉痛なのに、「歯が痛く感じる」ということがあります。

ところが、正しい診断がされないまま歯を削る治療を受けることがあります。

深刻なケースでは①かみ合わせの調整→②神経の除去→③抜歯というように、全く必要がない治療を受けた上に、歯が無くなったにも関わらず「歯が痛い」という感覚だけが残ることになります。

これは、十分なコミュニケーションの時間がとれていないことが原因です。当院では、心理カウンセリングを行い、十分な事前のコミュニケーションから根本的な痛みの原因を探索してから治療を行っております。

関連記事

虫歯で頭痛になりますか?

銀歯からセラミックの歯にしたのに、虫歯があるってホント?

銀歯の下が虫歯になる!原因とセルフチェック方法

更新日:

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.