歯科恐怖症でも安心な東京日本橋の歯医者

北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備

 TEL 03-3272-7877

月曜~金曜 9:30~18:00/月2回土曜日 9:30~17:00

嚙める歯を手に入れたい。

歯を失ってしまった場合、治療方法は、インプラント、ブリッジ、入れ歯があります。

インプラント

インプラント治療は大切な歯を失った時に新しい歯を作る治療です。

正しい診断、科学に裏付けされたプロトコールに従った治療を行えば、インプラントは非常に信頼性の高い治療となります。

インプラントを長持ちさせるには、初めの診断から始まっています。そして何よりも治療が終わった後のメインテナンスが大事です。

バイ菌から歯を守る日々のブラッシングや定期的なプロケアのクリーニング。

そしてインプラントは噛みしめや歯軋りなどの過剰な力が苦手です。

バイ菌と力のコントロール、この2つが出来ていればインプラントはきっとあなたの幸せに大きな恩恵をもたらします。

Yさんの場合の治療例

Yさんの場合 施術前Yさんの場合 施術前

 

Nさんの場合の治療例

Nさん術前正面Nさん術後正面

 

Iさんの場合の治療例

Iさん術前上顎Iさん術後上顎

ブリッジ治療

失った歯の両隣りの歯を使います。

両隣りの歯の形を整えて、クラウンを被せる準備をします。歯がない部分に橋を架けるようにクラウンをつなぎ合わせます。

両隣の歯に接着剤で止める事で、今までと同じようにしっかり噛める歯を手に入れる事が出来ます。

セラミックブリッジ術前

セラミックブリッジ術後

メリット

  • 自分の歯を使って失った部分を補うことができます。
  • 支える歯があれば、1本?数本失った場合まで応用が効きます。
  • インプラントと違い、自分の歯で噛むため、かみ合わせのバランスが取れます。

笑った時に前の歯と歯茎が見える方にはブリッジがオススメです。インプラントで失われた歯茎を戻すのはとても難しいのです。ブリッジでは繋がっていますが、あたかも歯が生えている様に作る事が出来ます。

デメリット

  • 自分歯を削る必要があります。
  • 場合によっては歯の神経を取ることもあります。

入れ歯

入れ歯はたくさんの歯を一気に補い、歯だけではなく歯肉の部分も合わせて回復する事が得意です。

部分入れ歯を正しく作るには、バネをかける歯をクラウンにして、バネに耐えうるだけの強度を持たせるためにつなげ合わせます。

入れ歯は残った歯を救うための道具です。力のバランスさえ取れば、残った歯も大事にできますし、食事を快適に取ることもできるようになります。

下顎RPD1下顎RPD2下顎RPD3

歯を全て失った場合は総入れ歯となります。残った歯の根っこを使って入れ歯の安定を図ることができます。

また、インプラントを応用する事で入れ歯の形を取りながら「しっかり噛めて外れない」という快適な日々を手に入れる事も可能になりました。

関連記事はこちら

ひどい歯周病を治療せずにインプラントを入れられて、インプラントが次々と抜け落ちていくのを食い止めることが出来た例

歯を抜いたら、どうやって治すのか?5つの方法ともう1つ

インプラントは嫌だと答える患者様への対処

更新日:

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.