歯科恐怖症

歯科恐怖症から抜け出し、歯医者さんに通いやすくなるための3つの解決方法

投稿日:

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

前田めぐみ

丁寧にお話しを聞いて、気持ちを大切にする、こころのカウンセラーをしています。 クライアント様の感情にじっくり寄り添いながら、こころの内面(根本)に目を向けて、 辛さや苦しみから抜け出すお手伝いをしています。 また、人間が本来持ち備えている能力や才能を、取り戻すことを目的とした、性格を変えるカウンセリングも行っています。 自己実現に向けて、なりたい理想の自分になれるよう、全力でサポートしています。 活動拠点は、横浜の綱島を中心に、神奈川、東京にて、個人カウンセリングをはじめ、 心が楽になる講座やタイプ別コミュニケーション勉強会などを開催しています。 http://nowhereiam2012.com/

心理カウンセラーの前田めぐみです。

院長の北川先生から、歯科恐怖症について、プロのカウンセラーの立場から記事を書いてほしいとご依頼を受け、拙筆ながら書かせていただきます。

「歯医者さんが怖い」という思いは子どもに限られたことではなく、 大人でも歯科治療に対する怖さや不安を抱えている方はたくさんいらっしゃいます。 大人だからと言って、 歯医者さんが怖いことが弱いことでも恥ずかしいことでもありません。 

治療をしたくても歯科恐怖で歯医者さんに通えない方や、 思うように治療が進まずお困りの方などは、まずはこころのカウンセリングをして、 過剰な怖さや不安を取り除いてから治療を進めていく 選択肢もあります。 

ラクな気持ちで治療ができるよう、こころのカウンセリングでは、まず、気持ちの面からじっくり丁寧にお話しを聴きいていきます。

 歯科恐怖症と言ってもお一人おひとり症状は様々ですが、まずは歯科恐怖症の方が抱える主3つの理由からお話しします。

1.過去の辛い治療体験から怖くなった

幼い頃に歯医者さんで無理やり押さえつけられた体験から、歯の治療が怖くなったという方はとても多くいらっしゃるようです。

幼い頃のその体験は、ものすごい恐怖体験として心に深く刻まれてしまうのは無理もないと思います。

治療の際にその恐怖体験がフラッシュバックして、 動悸が激しくなったり、過呼吸になったり 手足が震えて大量の汗をかいたりなどの反応を引き起こさなくなるよう、カウンセリングでは 安心で安全な環境の下で しっかりと人に守られ、保護されながらその恐怖を減らしていくセラピーを行っていきます。

その恐怖と向き合うことになるため、 初めはとても勇気がいることと思います。 カウンセリングはあなたのペースで無理なく進めていくので、不安や心配ごとは我慢することなく、そのままお話しください。

ひとつひとつクリアにしながら、丁寧に進めていきますので、どうぞご安心くださいませ。

2.痛くても我慢しなければいけない

治療中の痛みは我慢しなくちゃいけないし、痛いと訴えても「我慢して」と言われると、結局は我慢するしかない。

ここで、「これぐらいの痛みを我慢できない私がダメなんだ」、と自分を責めてしまうこともあります。

それによって痛みを訴えることができず我慢し続けた結果、痛みを伴い、怖い思いをしてしまうケースも多いようです。

このような場合も、カウンセリングを有効活用することが可能です。 痛みを我慢して、その痛みをグッと抑え込んでしまうと、 余計に痛みを強く感じてしまうことがあります。

カウンセリングでは、 本来感じて当たり前の感情を丁寧に引き出し、 その気持ちに寄り添いながら、 怖さや不快な気持ちをゆっくり消化していきます。

痛いのはイヤと思って良いし、 痛みを我慢しなければならない、 納得できない気持ちなどをゆっくり丁寧に吐き出していきます。

そうすると不思議なことに、 不快な気持ちはなくなるようにこころのしくみはできているようです。 その後、過剰な怖さや不安感がなくなったり、 激しい痛みは感じなくなることもよく耳にします。 不快な感情を吐き出せるようになると、今まで我慢して訴えられなかった痛みも 自然に伝えられるようになるかもしれません。

その結果、「痛くても我慢しなければならない」 という思い込みも解消されることが多いです。

3.完璧主義、こだわりが強いなどの性格傾向から影響がある場合

完璧主義で、こだわりが強い性格傾向がみられると、 歯科恐怖症を乗り越えていくのに、カウンセリングでも少し時間がかかる場合があります。 その場合は、歯科恐怖症に繋がっている原因や理由をひとつひとつ丁寧に確認していきます。

たとえば「麻酔の注射は絶対にしたくない」 というこだわりかあるとしたら、生育歴のどの部分から影響を受けているのかを探して、その部分にアプローチをして、こだわりを緩めていきます。

完璧主義やこだわりが強いと、「 ~しなければならない。こうでなければならない。 これは絶対に譲れない」 という思いが強いため、 その「ねばならない思い込み」を緩めたり、絶対に譲れない思いの裏には何が隠れていて、 どんな思いがあるのかをカウンセラーと一緒に、こころの内面から丁寧にみていきます。

こだわりがなくなれば、自由度が増すので、 気持ち的にも余裕が生まれ、スムーズに治療を進めていけるようになることでしょう。

まとめ

いかがですか?

あなたが抱えるお悩みに、心当たりのあるものはありましたでしょうか?

その他にも歯を削る音や振動がとても怖かったり、歯医者さんの独特のにおいが苦手な方などがいらっしゃるかもしれません。

治療に前向きになれず、どうすれば良いのか分からないときは、おひとりで我慢し続ける必要はなく、 相談だけでも利用することができます。 カウンセリングを受けることに勇気がいる方もいらっしゃると思います。 その為に、初回ガイダンスも設けております。

まずは時間を取ってお話しをしていただいた上で、カウンセリングを考えてみてはいかがでしょうか?トラウマが解消され、過剰な怖さがなくなれば、治療するハードルが下がり治療しやすくなるでしょうし、感情を抑えなくなり、激しい痛みを感じることがなくなれば、痛みに対する苦痛和らぎます。 そして完璧主義や強いこだわりがなくなれば、 治療の選択も広がって、 より快適な治療が受けられることでしょう。

痛みの限界まで放置をしてしまい、 更に悪化してしまうと、治療に掛かる時間や体力や費用もかさんでしまいます。 歯医者さんとよく相談をされて、 あなたにとって一番心地良い治療を 進めていけることを切に願っています。

 <北川院長の歯科恐怖症の記事>

歯医者が怖い!歯科恐怖症でも治療が出来るようになる8つの方法

歯医者さんが苦手な人はとても多いです。 「歯医者に行かないとマズいのはわかっているが、怖くていけない。」 「また、あの音と振動は嫌だ。先生忙しそうであまり説明してくれないから、歯医者はなんとなく怖い。 ...

事例「小さい頃から虫歯が多く、歯医者が怖い。」

虫歯の治療をご希望の女性のYさんがいらっしゃいました。 このYさんは、小さい頃から歯の治療を行っていたため、典型的な歯科恐怖症に陥っていました。 医療法に伴う記述 紹介している事例と同様の治療には個人 ...

 

ブログで紹介している症例は、当院で治療された過去の症例であり、画像加工などは一切行なっておりません。また、患者様ごとに治療の効果には個人差があります。ご了承ください。

 

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。


院長の歯科恐怖症への取り組みの動画をアップしました。当院にご来院の方の大半は、歯科恐怖症の方です。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■歯科ドック  :25,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

記事の購読には、Facebookが便利です。

-歯科恐怖症

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2018 All Rights Reserved.