インプラント

格安のインプラント治療は果たして安全なのか?

投稿日:

歯医者の自費診療は決して安いものではありません。自費診療を選択する上で、治療を受ける側の患者のみなさんは、「高いけれど、健康な歯を手に入れたい。」といった願いがあるかと思います。料金はある種のその願いに対応するためのものです。

歯医者の自費診療の中で、名前が挙がってくる筆頭がインプラント治療だと思います。年間の件数を大きく取り上げ、格安であることを宣伝する歯医者さんも少なくありません。

近年普及著しいインプラント治療について説明します。

なんで、歯医者さんごとにインプラント治療の料金が異なるの?

自費診療は、各歯科医院が独自で決めることができるものです。そのため、料金にばらつきがあります。

インプラント治療とは?

診査(X線CTなど)→外科手術(インプラントを埋める)→歯を作る。

これが大まかな治療の流れです。

インプラント治療の費用は、インプラントそのものの費用や歯を作る部品代、外注技工料(歯の製作)他には手術に伴うディスポーザブルの材料、消毒滅菌にかかる材料や人件費、CT撮影料、術後のケア、など様々な費用を含んだものです。

保険診療では当たり前のように含まれている診察料なども含めての費用です。自費診療を行う場合は、保険の算定はできませんので、保険で賄うことはできません。

格安のインプラント治療になぜできるのか?

安さを売りに歯科医院ではインプラントそのものの値段をコストの理由にしているようです。国産メーカーならいくら、海外のものならいくらという感じで、患者さんには分かりやすいのではないでしょうか。実際には、その差は1〜2万円しかありません。

ここで懸念されることがあります。広告を見ていると、治療本数の実績ばかりを謳われている傾向があり、薄利多売の状態になっている可能性があるからです。

この状態の不味さは以下のような状況の発生の可能性があることにあります。

1.説明にかける時間が短い可能性

自費診療、特にインプラント治療は体に異物を入れて、長年機能させるという特殊性から十分な診査診断と説明義務が求められるべきです。

アシスタントが説明する医院もあります。一般的な説明は良いと思いますが、患者さんによって状況や難易度、患者さんのパーソナリティは違います。歯医者さんも自分が手術を受ける側になったら執刀医の説明を十分に聞きたいと思うはずです。

治療だけではなく、治療が終わった後も長年にわたって管理することを考えると、初めの説明は十分すぎることがあっても不足はないと思います。

2.総合的な治療が行われていない危険性

インプラント治療は歯がなくなった場合に行われる治療ですが、1本歯がなくなったから1本入れる、3本ないから3本入れるという単純な話ではありません。なぜ歯が失われたのか?歯周病なのか虫歯なのか噛み合わせは関わるのか診断します。

歯周病があれば、まず歯周病の治療をしなければなりません。歯周病のままインプラント治療がなされれば、インプラントも歯周病になり短命に終わります。

参考:事例「上下すべての歯が重度歯周病をセラミックブリッジとインプラントで回復」

例えば、歯ぎしりで割れた一番奥の歯にインプラントを入れたら同じ運命をたどる危険性が高いでしょう。

3.メインテナンスが正しく行われていない可能性

たくさんの患者さんを救うことはとても意義があることです。しかしながら、治療が多く先行すれば術後のメインテナンスにかけられる医院の許容範囲を超えることになります。

自分の歯ももちろんですが、インプラントはメインテナンス次第で長持ちもすれば短命に終わる治療です。メインテナンスもおざなりな短時間のものではなく清掃から虫歯や歯周病のチェック、噛み合わせのチェックなど十分な時間と労力をかけて行われるべきでしょう。

4.安価なインプラントのメーカー

インプラントメーカーはたくさんありますが、論文に上がってくるメーカーは一部です。

そして近年問題になっているのは、過去に受けたインプラント治療の歯の部分のやり直しをしようとしてもメーカーがすでになくなっていたり、部品が製造中止になっていることです。仮に、インプラント治療の原価を安さの理由にしているのであれば、こういったところで問題が発生しやすいと考えられます。

世界的に多くのシェアを占めている、論文に多数上がってくるメーカーを選ぶことで先々の心配は少なくなると思われます。

まとめ

歯の悩みを解決するための自費治療です。それを格安で済ませるということは、患者さんが満足しない治療、インプラントが長持ちしない可能性が高くなります。インプラントが入ったのに噛み合わせが合わなくて噛めない、磨きにくくて歯周病になるなど残念な結果になる危険性をはらんでいます。→ひどい歯周病を治療せずにインプラントを入れられて、インプラントが次々と抜け落ちていくのを食い止めることが出来た例

その場の雰囲気で決めたがゆえに、その後何年にもわたって苦労される方もいます。歯科の治療は緊急性という意味では命に直結することはとても少ない治療です。どんな治療も軽々しく受けることなく、一度立ち止まって考えましょう。セカンドオピニオンは必須です。HPは半分広告だと思って、実際に相談という形で受診して話を訊いてみることをお勧めします。

参考:治療しても歯にものが挟まり、治らない!歯医者におけるセカンドオピニオンの重要性

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。


院長の歯科恐怖症への取り組みの動画をアップしました。当院にご来院の方の大半は、歯科恐怖症の方です。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■歯科ドック  :25,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

記事の購読には、Facebookが便利です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

-インプラント

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2018 All Rights Reserved.