虫歯

知覚過敏、虫歯、歯周病を放置するとどんなことがあるの?

投稿日:

Alexas_Fotos / Pixabay

テレビだけではなく、最近はYahoo!ニュースをみているとバナーで知覚過敏や歯周病に関する広告をよく見るようになりました。

目に止まれば、「自分はどうなんだろ?」と思ってしまいますよね。関心毎としてあるのではないでしょうか?

ですが、実際は、忙しい日常生活の中で、定期的なクリーニングに通っている方はまだまだ少ないのが現状です。働き盛りの方は仕事に家事に子育てにと自分の事を振り返る余裕が少ないと思いますが、虫歯や歯周病は静かに痛みなく進行してしまうことが多いです。そして進行すればするほど治すのは難しく、時間も費用もかかることになります。

もし、以下のような症状が実感できている場合は、どのようにすれば正解なのでしょうか?

冷たいものをとるとしみる場合

冷たいものが一瞬しみるから知覚過敏だというわけではありません。実は、虫歯の場合もあります。

知覚過敏だった場合

Lernestorod / Pixabay

知覚過敏は虫歯と違って、放置でいいだろ?と思っている方も多いでしょう。知覚過敏用の歯磨き粉とCMされている歯磨き粉も多く、あたかも歯磨きをすれば、知覚過敏が改善されると思いがちですが、歯磨き粉では治らない場合もあります。

テレビCMでは、なぜ知覚過敏になるのかを言っていないんですよね。

CMでは「齢を取って歯茎がやせて歯根が見えてきたから」といいます。これは正しくありません。なぜなら、齢を取ったから歯茎が痩せるなら、みんな痩せますが、痩せる人と痩せない人、痩せる場所と痩せない場所があります。実は、これは噛み合わせが原因なのです。

特定の歯に負担がかかる噛合せの場合や、歯ぎしりや音のしない噛み締め(食いしばり)の癖などから歯に強大な力が加わります。歯は強い力のストレスでしみる感覚が出ます。また、噛む面だけでなく歯と歯茎の境目の歯質が歪みの力で刃こぼれを起こすように削れていきます。刃こぼれを起こしたところには歯茎はくっつけません。歯茎が痩せるのはこのためなのです。

さて、知覚過敏が起きても、少しすると治まったりする経験はありませんか?「治ったー!」と思うかもしれません。しかし、これは、就寝時などの噛み締め歯ぎしりの癖に強弱があるためです。一般的には精神的なストレスと噛み締め歯ぎしりの強さは比例するようです。ストレスが減れば知覚過敏も減るというわけです。

そして、これは、治ったわけではありません。歯が刃こぼれを起こしたり、すり減ったりしていますので、基本的に治ることがありません。予防するしかないのです。ストレスの軽減や適切なマウスピースの使用などで予防することができます。

参考:マウスピースは嚙みしめと歯ぎしりの改善に有効ですか?

 

できれば、このような知覚過敏にならないのが一番です。これらは、生活習慣病ですので、なんらかのサインが出ていることが特徴です。歯ぎしりをしている、寝ている姿を見たら食いしばっていた、頭が痛いといってこめかみを押さえる(噛む筋肉)、首がこる、口が開きづらい、前から見て歯がまっ平らになっている場合は早めのチェックを受けましょう。

もし、虫歯だった場合

 

虫歯は歯が腐る病気です。巷では「虫歯を治す歯磨き」、「再石灰化」「削るのはよくない」など聞こえのいいワードをよく目にします。実際は穴が空いたら虫歯はゆっくりと、確実に進行します。どんなに磨いても歯磨き剤を使っても治りません。

参考:虫歯に関するキュレーションサイトやテレビの話に対して、現役の歯科医が真偽を答えます!

しみる程度だったら、まだまだ痛くないから大丈夫と思っている人もいると思っている人もいると思いますが、基本的に虫歯になれば、回復することはありません。そのため、「仕事が忙しいから後回し」にしていると症状がゆっくりと進行していきます。老後「自分の歯で美味しく食事をしたいのか?」で考えるといいでしょう。きっと差が出てきます。

口臭がきつい場合

口臭がきつい場合、日本人の8割がかかっているとされる歯周病が疑われることがあります。口臭に関しては、「口臭対策のスタートのセルフチェック方法とその後どうするべきか?」でも取り上げているので、ぜひご覧ください。

歯周病は、人口の8割が患っているということは、それだけ放置している人も多いということだと思います。虫歯と違って、歯周病の定義は、知られていないのが原因かもしれません。歯周病とは、歯を支える歯肉、靭帯、骨を失う病気です。

虫歯と同じように元には戻りません。一度失った骨は元には戻らないからです。

特殊な手術や最先端の治療がありますがそれはあくまで一部に応用されるのみ。とにかく予防が最も大事で、歯周病になったとしても軽度で食い止めること、それ以上進んでしまってもとにかく食い止めることが大事です。もし、口臭の原因が、歯周病であったならば、口臭の根本をなくすためには、歯周病の治療を行うしかありません。ガムやブレスケアを使っても、歯周病は進行するため、車のエアコンと同じように臭いが消え去りません。

口臭は、社会的ステータスを下げるものなので、なおさらですね。歯科医として放置はおすすめしません。

また、歯周病は虫歯治療の際も大きなマイナスの相乗効果を生んでしまうことがあります。詳しくは、「ひどい歯周病を治療せずにインプラントを入れられて、インプラントが次々と抜け落ちていくのを食い止めることが出来た例」をご覧ください。土台を歯周病で失い、インプラント治療をせっかくしたのに、グラグラしてしっかり噛めないということになりえます。

 

ちなみに、、、

心筋梗塞や脳梗塞のアテロームに歯周病菌が検出されています。低出産児が増えたり、糖尿病とも密接な関係があります。身体の一部である口内で膿がわんさか出るくらい細菌を培養しているのですから身体の他の場所で悪さをしても不思議はありません。口の中だけは別ではありません。

 

まとめ

知覚過敏も虫歯も歯周病も「大したことないからそのうちに」、「放っておけば治る」と思っていると大変なことになります。

働き盛りの方もリタイアして余生を過ごす方も、健康で美味しいものをなんでも食べられる幸せを噛み締めて頂きたいと思います。

そのためには、セルフケアとプロのケア、早期発見早期治療です。進んでしまったら、費用をかけてでもしっかりと治すことをお勧めします。食べることは命と楽しみそのものに直結しますから。

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。


院長の歯科恐怖症への取り組みの動画をアップしました。当院にご来院の方の大半は、歯科恐怖症の方です。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■歯科ドック  :25,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

記事の購読には、Facebookが便利です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

-虫歯

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2018 All Rights Reserved.