歯科恐怖症でも安心な東京日本橋の歯医者

北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備

 TEL 03-3272-7877

月曜~金曜 9:30~18:00/月2回土曜日 9:30~17:00

治療例

事例「歯が痛いことが原因でよく眠ることができない。」

更新日:

治療は、患者様一人一人の診断結果によって違います。そのため、同じ治療を行ったとしても、個人差があります。あらかじめご了承ください。

症状

患者さん
歯が痛くて眠れない、強く噛めない(50代男性)

来院の経緯

訴えは、「昨夜、右の歯が痛み、朝方まで眠れなかった。」「2~3年前から右はものが挟まり、痛みもあり、強く噛めていなかった。」と言うものでした。

行った治療

ご来院した時点で寝不足と痛みで憔悴した表情でした。通常、初診では緊急性がない限り治療は行いませんが、今回は応急処置を行うことを提案しました。当院では初診で60分いただいていますので、緊急の場合でも対応できます。

お口の診査とX線を撮影、「虫歯はC3、急性の歯髄炎」と診断しました。
*虫歯の進行度はCの1~4で表します。C3は虫歯が歯の内部の神経=歯髄に達している状態です。)

C3虫歯取って腫れた歯髄が出血している

C3の虫歯を取ると腫れた歯髄が出血している

急性の歯髄炎では、歯の内部にある歯髄が血液で膨れ上がっています。歯は硬いので、歯髄は腫れようとしても周りの歯が硬いため腫れることができません。腫れたいのに腫れることができない、だから歯の痛みは特別痛いのです。ドクンドクンという脈を打ったような強い痛みが断続的にやってきます。

治療は歯髄を取ることになります。麻酔をして、しっかりと痺れさせます。まずは虫歯を取ります。これはとても大事なことです。

虫歯を残したまま歯髄を取ると、歯髄が取り除かれた後の根の管の内部に虫歯菌がどんどん落ちてしまいます。根の内部は可及的にいかなる菌も入らないに越した事はありません。

ラバーダム防湿をして抜髄

虫歯を取り終えたら、ラバーダム防湿をして神経を取り除きます。神経を取って、根の内部に歯髄のカスや虫歯菌が入らないように徹底的に洗浄を行います。洗浄、消毒が終わったら、歯髄の代わりの材料で根の管の内部を埋めて根の治療は終了します。

一般的に、根の治療は通院回数が多い割には1回の時間が短く、「いつ治るか分からない」「1本の歯に時間がかかるので、他の虫歯がすすんでしまう」という声をお聞きします。今回は2回の通院で根の治療は終えています。

C3急性歯髄炎術前

抜髄後の根管充填

治療前の結果と治療後の結果では、上記のようになり、神経の入っていた縦に細長い黒い部分が白く映る代わりの材料で隙間なく満たされているのがわかります。

根の中にグラスファイバーと強化樹脂で柱を立てて根と歯の頭の部分を一体化させます。

治療中は常にプラスティック製の仮歯が入っていますので、ガムやキャンディなどを避けて過ごして頂きます。歯の形を成形し、型採り、人工のセラミック製の歯を作ってセットして、一連の治療は終了になります。

北川
この方の場合、初回は虫歯を取ったり仮詰めをしたりもしましたが、約60分で終了。2回目は神経を切り取った傷が治まるのを1ヶ月待って封鎖しました(30分)眠れないほどの痛みを抱えていらっしゃっていました。そのため、すぐに痛みの根本を取り除くことこそが重要になります。

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診  :40,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

記事の購読には、Facebookが便利です。

-治療例

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 All Rights Reserved.