かみ合わせ

噛み合わせが深い事で起こる症状とは?

投稿日:

噛み合わせが深いとは?

歯医者さんで「かみ合わせが深いから」と言われたことがある方もいると思います。
一般的には上の歯が下の歯に覆いか被さっています。この被さっている程度で、「浅い」「深い」を、現します。

画像は、噛み合わせが深い状態、正常な状態、浅い状態を並べたものです。

深い噛み合わせを放置すると心配されることは?

噛み合わせが深い人は2タイプに分けられる

  1. 出っ歯タイプ
  2. 前歯が垂直に切り立つタイプ

噛み合わせが不安定になりやすい

両方共に言えるのは上顎が大きく下顎が小さい傾向にあることです。

噛み合わせで問題を起こしやすいのは実はこのタイプの方です。

下顎は耳の前にある顎の関節で頭からぶら下がっています。

下顎は重力の影響を受けるので、寝ている時と座っている時、前かがみの時で、その位置は前後的に変わります。出っ歯傾向の噛み合わせが深いタイプは下顎の前後的な移動範囲が大きいことが多く、噛み合わせが不安定になる場合があります。

噛む筋肉、首の筋肉が凝る

不安定な噛み合わせでは、顎の関節に負担がかかり顎関節症になりやすいと言えます。

開閉口時に音がしたり、痛みを伴います。顎を動かす筋肉も緊張を伴うことが多く、頭痛や首のコリ、口が開きにくいなどの症状が出ます。

前歯が垂直に切り立つの前歯が切り立っているタイプは、前かがみになった時に、下の前歯が上の前歯に引っかかるため、あたかも前歯で下顎をロックしたような状況になります。この位置で噛み締めが起きるため、日常的に下顎を支えている筋肉の過緊張が起きやすいといえます。

歯が過剰にすり減る、歯茎が痩せる、知覚過敏が出る。

上下の顎の大きさが異なると、歯同士のの噛み合わせのバランスも悪くなります。

奥歯は本来、上下の歯の山と谷で噛み合うように出来ています。

これは食べるのに効率的で、噛み合わせの負担をバランスよく配分するのに適しています。ところが、山と谷ではなく、山と山で噛み合っていると、食べにくく、歯への負担は大きくなります。歯は偏ったすり減りを起こし、歯茎は痩せて、知覚過敏も起きやすくなります。

深い噛み合わせの治療方法とは?

矯正治療

噛み合わせを変えるには、矯正治療が最も適しています。歯を削ったりすることなく噛み合わせをダイナミックに変えることができるのは矯正治療だけです。

補綴治療(クラウンやインプラントによる治療)

セラミッククラウン治療など、削って被せるような治療は限られた状況で検討します。

かみ合わせを変えるということは1本だけ治しても出来ません。

前歯だけというのも出来ません。すべての歯を治療する必要性があります。

すでにほとんどの歯が虫歯やすでに治してあり、全体的に治療が必要な場合はセラミッククラウンやメタルクラウンの治療で対応できます。

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-かみ合わせ

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.