拡大精密治療 歯周病

歯茎の腫れ(扁平苔癬)がセラミックの歯を入れたら良くなった

投稿日:

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

Aさんは、前医に歯みがきの仕方が悪くて歯茎が腫れていると

ずっと言われ続けていました。

で、拝見してみると、確かに歯肉炎といって歯茎が腫れているんですが

歯茎がまだらに赤くなっていました。

扁平苔癬術前左

なんか網掛けみたいな感じのトコロですね。

これは、歯肉炎じゃあなくて

扁平苔癬(へんぺいたいせん)という粘膜の病気です。

自己免疫疾患の一つと云われています。

原因がハッキリ分からないというものです。

お付き合いしていくしかないというか、

これをやったら治る、というものではないんですね。

 

当院では、以前の歯は歯とセラミックやジルコニアの間に隙間がいっぱい

ありましたので、外しまして。

仮歯にして、根の治療をしたり

歯周病の治療をしたりと

基礎工事を積み上げていきました。

 

先日、最後のセラミックの歯をセットしまして、微調整して一応終了です。

これからはメインテナンスで様子を見ていくということで

記録の写真を撮りました。

 

そしたら!

初めていらした時とは比べものにならないくらい

歯茎の腫れや、網目模様が少なくなっています!

おさらいに、初め

扁平苔癬術前左

終わり

扁平苔癬術後左

裏側初め

扁平苔癬術前左上

裏側終わり

扁平苔癬術後左上

正直、扁平苔癬がここまで良くなるとは思わなかったので

患者さんと大喜びです♫

 

まとめ

歯茎の診断はとっても大事(あたりまえですけど)

歯みがきも大事

人工の歯が隙間なくピッタリと合っていることはとっても大事

患者さんが何に困っているか、ご不安かをよくよく聞くことは何より大事です

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

北川デンタルオフィス

北川俊哉

 

 

 

 

 

 

 

ブログで紹介している症例は、当院で治療された過去の症例であり、画像加工などは一切行なっておりません。また、患者様ごとに治療の効果には個人差があります。ご了承ください。

 

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。


院長の歯科恐怖症への取り組みの動画をアップしました。当院にご来院の方の大半は、歯科恐怖症の方です。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■歯科ドック  :25,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

記事の購読には、Facebookが便利です。

-拡大精密治療, 歯周病

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2018 All Rights Reserved.