歯周病 痛くない治療

ひどい歯周病の治療を、除菌するうがい薬やレーザーを使わずに歯茎が健康になった例

投稿日:

ひどい歯周病の治療を除菌するうがい薬やレーザーを使わずに歯茎が健康になった例

歯周病は成人の80%がかかると言われる怖い病気です。しかも、自覚症状無しに進んでいくため、気がついた時は骨が半分以上溶けていたり、かみ合わせが崩れて噛みにくくなってきたり、歯を失うことになります。そして歯周病は直ぐに治りません。うがい薬やレーザーだけでは治りませんし、抗生物質だけでも治りません。誰しも痛い思いをせずに、早く病気を治せたら嬉しいのは本音ですが、歯周病の治療は手間と時間がかかるのは避けては通れません。ネット上で歯周病の治し方を調べると、上記のレーザーや抗生剤の話、除菌するうがい薬の話、また失った骨を再生するエムドゲインという薬やGTR、骨の移植などの手術が紹介されています。

歯周病の基本的な治療は歯から歯垢歯石を取ること

歯周病の原因は歯にへばりついた、こびりついた歯垢と歯石を取ることです。以前は手用スケーラーという刃物も使っていましたが、歯の表面を傷つけると治りが悪く、歯茎が痩せてしまうため、当院では使いません。これが手用スケーラーです。先端に細い刃物が付いています。手用スケーラー

いかに、痛みなく、かつ歯の表面から歯垢や歯石を取るかを追求しています。必須なのは、強拡大の拡大鏡や顕微鏡で歯を拡大して観察すること。そして超音波スケーラーという水と振動で歯垢歯石を取っていきます。ひどい歯周病になってしまった方のお口の中です。ひどい歯周病術前右

さて、この治療を行って、続いて根の表面の歯石を取っていきます。根の表面を触る時は麻酔を使います。これが、治療を一通り終えたところです。ひどい歯周病術後右

いかがでしょう、上の治療前と比べていただくと、歯石がなくなって、歯の形まで変わって見えます。歯茎の色もキレイなピンク色に変わりました。特別な薬もレーザーも抗生物質も使いません。エムドゲインも、特殊な手術も行っていません。もちろん、患者さんの意識が変わって歯ブラシの方法や頻度も変わり、ご自身でケアが少しづつ出来るようになったことも大きな成果です。

まとめ

  • 歯周病の治療は歯垢歯石を取ることです。
  • 除菌のうがい薬やレーザー、抗生物質などはあくまで補助的なオプションです。それだけでは治りません。
  • オプションを増やしても、基本的な治療である歯垢歯石を取りきれていなければ歯周病やゆっくりと進行していきます。
  • 歯垢歯石を取り切るためには強拡大(7~10倍以上)の視野で治療を行うことが必要です。(拡大鏡や顕微鏡の使用)
  • なるべく痛みなく、かつ歯や歯茎に優しい治療を行うことで、治りも良くなります。

 

The following two tabs change content below.

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-歯周病, 痛くない治療

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.