かみ合わせ 歯ぎしり・噛みしめ 顎関節症

かみ合わせがおかしいんですが その5 筋肉にアプローチする

投稿日:

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

北川デンタルオフィスの北川です。

 

 

前回はかみ合わせがおかしいんですが その4

として筋肉が凝ると、

口が開きにくく、なるんだってそんなお話をご紹介しました~

 

 

それまでのお話はこちら

かみ合わせがおかしいんですが その1

かみ合わせがおかしいんですがその2

かみ合わせがおかしいんですが その3

 

businesswoman migraine

 

さてー

ストレスで噛みしめたり

歯ぎしりしたり

それは分かったとしても

 

 

じゃあどうやって

 

「つってしまった筋肉を治すのか?」

 

いやいや、そもそも

 

「噛みしめたりしないようには出来ないの?」

 

そんな疑問がフツフツと湧いてきます。

 

 

顎のことだと特別のように感じるかもしれませんが

筋肉なので(^_^;)

足と同じです。

 

 

つってしまって、口が開かない時は、

 

・筋肉が熱を持ってるなら冷やし(つった初めの頃)

・時間が経てば、今度は筋肉を温めます。

特に顔は、冷えやすいので要注意!。

・痛みが強ければ鎮痛薬。

・寝てる時に噛みしめてしまうので、

緊急時は筋弛緩薬(安定剤)を飲んだり

・マウスピースをつけることで、歯と歯がぶつからず、

噛む筋肉がストレッチされるので筋肉は保護されます。

(噛み合わせをちゃんと考えたマウスピースでなければ逆効果なので要注意!)

 

DSC_0975

 

口は開くけれど、いまいち開きづらい時は、

・マウスピース

・筋弛緩薬

・マッサージ

・温めること

・行動認識療法

・心理カウンセリング

などです。

 

 

ほとんどが、対処療法しかないんですね~

起きてしまった事=噛みしめる、に対して

筋肉をほぐす、で対処しています。

 

 

原因にアプローチしているのは、

 

・行動認識療法

・心理カウンセリング

 

この2つ。

 

 

・行動認識療法は

自分の無意識の癖に気づくことから始めます。

そして、日常の中で意識をすることによって

その癖をなくそうというもの。

簡単に云うとこんな感じ。

貧乏ゆすりを治す、みたいなもんです。

これは意識をすることで、無意識に働きかけています。

実はとっても難しいんです。

軽度の人はこれで治ったりします。

 

私見ですが、

これで治る人は、修行僧のような意志の強い方か、

放っておけば勝手にストレスが去って

治る人(笑)。

 

 

初めはみなさん自分の力で治そう!みたいな感じなので

これを紹介します。

っていうか、次のカウンセリングに抵抗を感じるからでしょうね(笑)

 

 

・心理カウンセリング

私の持論ですが、

全ての事象には理由があります。

それがたとえサイエンスであろうがなかろうが、必ず理由があるはず。

つまり、理由があるから噛みしめるんです。歯ぎしりするんです。

 

それは無意識の中に答えがあるので、

自分一人でどんなに考えてもわかりません。

 

大体、こういう話をすると、

「私は違うと思います」

とか、何か理由をつけてお断りされます(^_^;)

 

そして、

「じゃあ、自分で考えてみます」

という負のスパイラルに入っていきます・・・

 

 

自分で考えて解決できるなら、

とっくの昔に解決してるはずです(笑)。

 

そう思いません?

出来ないから、悩むんですよね?

出来なから、同じ失敗を繰り返すんです。

 

そして、

知らない間に噛みしめたりするワケで。

ほとんどの人が噛みしめや歯ぎしりはします。

 

ただし、ストレスが強くかかった時にするのがノーマルでしょう。

毎日すんごい勢いで噛みしめたりするのは

ちょっと度を超えています。

 

虫歯や歯周病と同じで

「本人が治そうと思わないと治せません」

 

 

心にアクセスする時は尚の事そうです。

 

うつ病の旦那さんを奥さんが引っ張って来ても

本人に治す意志がないなら無理です。

 

 

実際、私は噛みしめがひどくて

痛み止めや筋弛緩薬を常用していました。

カウンセリングを受けることで

今はピーク時の3分の1か半分くらいに落ち着いています。

 

え?なくなっていないじゃないかって?

 

そうですね、なにせ仕事がストレスかかりますし

ゼロを目指しているわけではありません。

 

それが、必要な時もきっとあるのでしょうから。

 

 

今日は無意識に起きてしまう

噛みしめや歯ぎしりで筋肉がつったり

こったりして口が開かなくなる時の

治療についてご紹介しました~

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

北川俊哉

 

北川デンタルオフィスへは、まずはお気軽にご相談からどうぞ。

メールでもお電話でも、あなたのご都合の良い方法で構いません。

時間外でも、ステキな留守番電話メッセージが承ります。

メール
office@kitagawadental/jp

電話
03-3272-7877

HP
www.kitagawado.com
www.kitagawadental.jp

ドクターズファイル
https://doctorsfile.jp/doctor/hospital/28962/df/1/?area=chuoku

 

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-かみ合わせ, 歯ぎしり・噛みしめ, 顎関節症

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.