神経の(根の)治療

抜歯と言われた根の穴を特殊な材料(MTA)で塞いで抜歯を回避した例

投稿日:

抜歯と言われた根の穴を特殊な材料(MTA)で塞いで抜歯を回避した例

神経を取った歯は、中心に穴が開いています。これは元々神経(歯髄)が通っていた穴です。神経を取る治療を行う時に誤って本来は穴ではないところに開けてしまうミスがあります。私たちは「穿孔」と呼んでいます。穴が開いてしまうと、歯の寿命は著しく短くなります。小さい穴より大きな穴、新しい穴より古い穴がよくありません。

根の途中に穴が開いたらどうしていたか

従来は、接着剤やアマルガムと呼ばれる合金を使っていました。アマルガムは水銀を含有することから廃止されました。接着剤は一定の効果はあるものの、穴の場所によっては接着剤をそこに付けることが出来ない事が多い難しい材料です。こういった理由で、根に穴が開いた=穿孔は私たち歯を救いたい歯医者にとっても非常に難しい問題でした。穴が開いてもすぐには痛みが出たり、するわけではありませんが、患者さんには抜歯になってしまう事を伝えなければならなかったのです。

MTAの登場

15年ほど前に米国でMTA(Mineral Trioxide Aggregate)と呼ばれる新しい材料が生まれました。当初は操作性に難がありましたが、改良を重ね、近年は日本のメーカーでも発売されるに至りました。

MTA

この材料はペーストから次第に硬くなります。安全で、身体に優しく、組織のなじみもよく、応用が広い材料です。私は15年前に米国で発売された当時から少しづつ使ってきました。非常に優秀な成績を収めていますので、いくつかご紹介します。

古い治療のやり直しでは、根の中に虫歯が進行していて、虫歯を取って穴が開くものや、以前の治療で穴が開けられてしまった?ものが多々あります。
①左上小臼歯、再治療で古い材料を取ると穴が開いていた穿孔閉鎖1
穿孔閉鎖2

②上の大臼歯。これも再治療です。根の治療を行う時に方向を誤って削ってしまったような跡でした。
37MB穿孔

37MB穿孔封鎖根管アクセス残

③下の大臼歯。これも再治療です。根の治療を終えてから穴を塞ぎました。
小松36パーフォレーション (deleted 5bc125c9098c442fbf6b94e058f1da24)

小松36パーフォレーションリペア後 (deleted 6323b1bd4da1f07081f02c678899ef88)

まとめ

・根の治療の跡で、不意に開いてしまった、不用意に開けられた穴が出来ることがある。(穿孔)
・穿孔は歯の寿命を縮めるが、従来は効果的で使いやすい材料がなかった
・MTAの登場で抜歯と言われた歯の寿命を大幅に伸ばすことに成功している

The following two tabs change content below.

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-神経の(根の)治療

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.