歯科恐怖症でも安心な東京日本橋の歯医者

北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備

 TEL 03-3272-7877

月曜~金曜 9:30~18:00/月2回土曜日 9:30~17:00

かみ合わせ 歯を白くしたい

前歯を治したら、話しにくくなったのはなぜ?

更新日:

前歯を治したら、話しにくくなったのはなぜ?

「先生、前歯を新しい差し歯にしたら、話しにくくなったんです。かみ合わせがおかしいのかしら?」
先日、こうおっしゃる患者さんがお見えになりました。

Aさん(女性60歳)は数年前に20年前に治した前歯の差し歯をやり直すことにしました。歯茎との間が黒ずんできたからです。前の差し歯を外して翌週には新しいセラミックの歯がセットされたそうです。仮歯は前の差し歯よりも大きく、厚みがあって不格好でしたが、これは仮歯だから仕方がない、そう思って、1週間ならと思って、形も話しにくのも我慢したそうです。ところが、新しいセラミックの歯はAさんには厚ぼったく、何か話しにくいものでした。主治医に何度聞いても「以前の歯と同じです」の一点張りだったそうです。どれだけ経っても話しにくさは変わりません。いつしか、その医院でまたその先生に同じことを聞くのも嫌気が差して、行かなくなったということです。一体何が起きたのでしょう?

前歯を変えることで話しにくさが出ることはよくある

①前歯の裏側の形が違う場合

本来の歯の裏側は凸凹していますが、治した時に裏側が真っ平らな形になっている事があります。
凸凹にするだけのセラミックの厚みが取れないことが理由です。

②隙間から空気が漏れる

歯と歯の間に以前よりも隙間があると、空気が漏れます。

③表側の形が違う

表側も以前と大きく異なると、唇や頬に当たり、動かしにくさを感じます。

新しい歯で話しにくい問題はどうしたら防げたのか?

仮歯の期間が短かいのはNG

Aさんの場合はたった1周間で新しい歯を作っています。なぜ仮歯が大切なのでしょう?

問題を解決するために治療をするはず

以前と全く同じ条件で歯を作る事はありません。何か理由があるからやり直すはずです。話しにくい、噛みにくい、歯茎が黒ずんでいる、形や色が気に入らない、などなど。これらの問題を解決すべく、治療に入るワケです。例えば話しにくいなら、歯の長さ、裏側の厚みや形、表側の厚みや歯の角度、隣の歯との隙間など、たくさん考える事があります。

仮歯はセラミックのシュミレーション

仮歯で解決できているかテストしてるのです。「仮歯は仮だから、ちょっとの間はガマンしてよ」こういう場合は非常に危険です。キレイな歯になったらちゃんとなるから、そう言われて、患者さんは信じてしまいます。一方、歯医者さんは「慣れるから、様子を見てくださいね」このフレーズの繰り返しです。

仮歯を大事にしないのはコストダウンしたいから

仮歯に時間をかけているより、新しい虫歯治療をした方がお金になります。2回で終わっても4回で終わっても費用は変わらないから。

仮歯にしたら歯茎治療の開始

ウチでは仮歯にして歯の形を詰めながら、虫歯や歯垢歯石を取ります。歯の周りの歯茎が健康になってから、初めて最終的に削っていきます。これでOK!という仮歯と、その仮歯に沿った健康な歯茎になった所で型採りです!どんなに早くても1ヶ月。歯周病などがあれば4ヶ月から半年はかかります。「えーなが~い!!」とよく言われます。違うんです。長いんじゃなくて、ちゃんとしてない治療が早すぎるんです。だから、失敗するんです。これから10年20年と使うものですよね?顔の一部であり高価な治療です。それをたった1週間で??私はその方がオカシイと感じます。

まとめ

・前歯の差し歯を変えて話しにくくなる場合がある
・裏側の形や、歯の長さ、厚みなど色々な理由がある
・そもそも、仮歯でテストしてから作るもの
・仮歯がきちんと作られなくて、直ぐに出来る医院はNG!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診  :40,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

記事の購読には、Facebookが便利です。

-かみ合わせ, 歯を白くしたい

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.