かみ合わせ 歯ぎしり・噛みしめ

歯の根が割れる(歯根破折)ことから歯を守る3つの方法とは

更新日:

歯の根が割れる(歯根破折)ことから歯を守る3つの方法とは

私たちの歯は時として欠けたり割れたりします。見える範囲で欠けるなら、修理もききますが、骨に埋まっている歯の根っこが折れたら(歯根破折)どうなるのでしょう?これは比較的よく経験することです。ヒビが大きくなるにつれて、ヒビに沿ってばい菌が身体の中に侵入して来ます。これは通常の歯周病とは違いヒビの拡大にともなって急速に起こります。つまり、急速に骨を失っていくのです。噛むと痛いし、歯茎は腫れます。そして、歯の根っこが割れたら(歯根破折)治療方法は抜歯になります。そうなってしまったら抜歯は致し方ありません。骨がどんどんなくなりますから、周りの歯にもダメージを与えますし、その後の治療が困難になります。できたら、歯を割って失うようなことは避けたいですよね。

1虫歯になって神経を失わないように歯を大事にする

歯根破折は、神経の無い歯に起こります。ということは、虫歯で神経を失わないようにすることは当たり前のようですが、とても大事なことです。神経を失う原因の殆どが虫歯によるものだからです。日々のブラッシング、定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアが必須です。

2神経のなくなった歯はセラミックや金属で被せる

神経がなくなるということは、歯の中央に穴を開けて神経を取っています。この中空構造があるために割れやすくなるのです。いくら材料で埋めても歯とは別物です。楔を打つような力が加わり、やがて歯が割れます。このため、健康な歯が多少残っていたとしても、歯を一回り削って歯にヘルメットを被せるようにクラウンと呼ばれる被せ物を装着します。クラウンが力を受けることで、歯根への楔の力が緩和されます。神経を取ったとしても、失った歯が少なく、かみ合わせも決して強すぎない場合は、必ずしもクラウンを被せる必要はありません。歯医者さんとよく相談しましょう。

3マウスピース(ナイトガード)を付ける

神経がない歯=割れるわけではありません。残った歯の質やかみ合わせの力の程度が大きく関わってきます。その中で最も危険な力は毎晩の、もしくは無意識での噛みしめる(食いしばる)力や歯ぎしりの力です。これは通常のゴハンを食べている力の何倍もの力が出続けることになります。これから歯を守るには様々なアプローチの仕方がありますが、簡単で効果があるのはマウスピースを装着してお休みになることです。

まとめ

歯ぎしりや噛み締めはご自身の知らないうちに起きています。ある方は、神経もあったのに、噛み締めでいつのまにか、ヒビが入り、神経が壊死して、歯根破折を失い抜歯に至りました。とてもショックな事です。私たちがメインテナンスで拝見するのは磨き残しだけではありません。こういった力のアンバランスを含めてプロフェッショナルケアを行っています。
気になった方は気軽にご連絡ください。メインテナンスだけでももちろん拝見します。
最後までお読みいただきありがとうございました。

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-かみ合わせ, 歯ぎしり・噛みしめ

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.