コミュニケーション メンタルケア 感じること 歯が痛い

歯だけ診ても治らない人がたくさんいます

更新日:

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

 

北川デンタルオフィスの北川です。

 

 

朝晩が冷え込み、

朝焼けに映える月がキレイですよね。

 

写真 2013-11-19 6 27 30

 

今日はある患者さんのお話です。

 

 

医療は非常に専門的な知識と技術の集大成です。

そして、医療を施す相手は

生身の人です。

意思があり、機械のようにイエスやノーと応えるわけでもなく

お互いに伝え合うことが難しく感じる場合も

少なくありません。

 

 

私たち医療人は専門的な知識や技術を持ち合わせていることは

必要最低条件です。

 

そうして、

本当に、目の前の患者さんのための治療を

施しているのだろうか?

どこまでできているんだろうか?

そんなお話です。

 

 

Aさんは数年前にウチで治療をしていました。

すでに何件もの歯医者さんを巡って

おそらく原因ではない歯を抜歯され、

歯がなくなっても

歯がない部分をさして

「先生、奥の歯が痛い」

こう言われます。

 

 

これは、

非歯原性疼痛と云いますが

歯が原因で歯はないのに

歯が痛く感じるのです。

決して珍しい訳ではありません。
Young woman in pain is having toothache

 

Aさんの治療は困難を極めました。

診療室で噛み合わせを調整して、

「これで、大丈夫です」

と言われても

帰りの電車に乗る頃には

「噛み合わせがおかしい」

となっていました。

 

家族の反対もあり、当院の治療は中止になりました。

 

Aさんは、その3年後に再び来院されます。

聞くと、

 

 

その後も色々な歯科医院を転々としたそうです。

毎日、パソコンで歯科院を探します。

 

 

やがて

自分の中で、

「矯正をすればいいのではないか?」

 

 

そう考えたAさんは矯正医を訪れます。

その医院は矯正だけではなく、

虫歯や歯周病の治療も行っており、

噛み合わせを治すのに

矯正に力をいれている医院でした。

 

 

「噛み合わせがおかしい、歯が痛い」

という訴えにその先生は迷わず

矯正を勧め、

そして治療が始まりました。

 

 

歯の一つひとつに装置が付けられ、

ワイヤーが装着されました。

しかし、矯正をする以前に、

Aさんは歯が原因でもないのに

あちこちの歯が痛いのです。

 

そこに、更に矯正の力が歯に加わり

Aさんは悲鳴をあげます。

 

何度も歯の痛みを訴えました。

 

しかし

矯正の先生からは

「みんな我慢してるんだ、あなたは我慢が足りない」

そう何度も言われたそうです。

 

 

半年ほど矯正を行ったあとで

Aさんは矯正治療にも

その先生の言葉や態度にも耐え切れなくなり

治療を諦め、

そして数カ月後に当院にいらしたのです。

 

 

Aさんは無意識で噛み締めてしまう癖があり、

結果として、かみ合わせは不安定に、

そして筋肉の痛みを歯の痛みとして感じているのです。

 

 

Aさんの治療は

当院ではメンタルを心理セラピストが

歯の治療は私が行っています。

3ヶ月ほどして少し笑顔が見られるようになりました。

半年して、今まで入れられなかったマウスピースが

使えるようになりました。

 

いい時もあればそうでない時もあり、

治療は一進一退というところですが

Aさんのペースに合わせて

専門的なことを噛み砕いて伝えています。

 

 

Aさんの話は決して珍しいわけではありません。

 

出てきた矯正の先生は研修会もやれば

寄稿も論文もたくさん書いている先生です。

 

 

ただ、

自分の専門分野には長けているのかもしれませんが、

Aさんという人を診ていたんでしょうか。

歯の痛みの原因は診断できていたんでしょうか。

そこまで掘り下げて話を聞いたのでしょうか。

 

 

もし、診断できていたら、

矯正治療でさらに歯を痛くして、

メンタルのリスクを抱えた相手に

「あなたがいけないんだ、我慢しなさい」

とは言うでしょうか。

 

 

私の心理セラピストの師匠である棚田先生は

こう書かれています。

<blockquote lang="ja"><p>セラピストになるためには、まずは知識や技術をしっかりと学ばなければなりません。しかし、実際のセラピーの状況では、学んだ事は全て忘れて、自分の意識の100%を目前のクライアントに向けるのです。さもなければ、あなたは頭の中の空想上のクライアントとセラピーをすることになるでしょう。</p>&mdash; 心理セラピスト 棚田克彦 (@TANADAKATSUHIKO) <a href="https://twitter.com/TANADAKATSUHIKO/statuses/403044627189489664">2013, 11月 20</a></blockquote>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

目の前にいる患者さんに100%の意識を向けること。

歯だけではなくて、

その人そのものを診ること。

 

 

そうしたら、

こういう悲劇は起こらないんじゃないかと。

 

毎日、感じています。

 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

北川俊哉

 

 

北川デンタルオフィスへは、まずはお気軽にご相談からどうぞ。

メールでもお電話でも、あなたのご都合の良い方法で構いません。

時間外でも、ステキな留守番電話メッセージが承ります。

メール
office@kitagawadental.jp

電話
03-3272-7877

HP
www.kitagawado.com
www.kitagawadental.jp

ドクターズファイル
https://doctorsfile.jp/doctor/hospital/28962/df/1/?area=chuoku

The following two tabs change content below.

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-コミュニケーション, メンタルケア, 感じること, 歯が痛い

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.