歯科恐怖症 痛くない治療

歯の治療が怖いんです 

更新日:

こんにちわ!
今日は歯の治療が怖いハナシ!

その1です。

 

歯の治療は怖い。

まあ、そりゃそうです。

 

「どうして怖いんでしょう?」

 

という質問をすると、

 

「いや、それはもう痛いからよ」

 

「あの~キーンという音がね、聞いただけでゾッとする」

 

「痛かったら手を上げてっていうのに、もう少しだからって言われて

痛かった・・・・」

 

「歯を削るのも痛いけど、その前の麻酔がまた痛いんだ!」

 

などなど。

 

比較的、ライトなものから、ヘビーな人までイロイロです。

 

実際、歯科医院で具合が悪くなった経験がある方は

また、あの時のようになってしまったら・・・・

という恐怖に苛まれています。

歯医者が怖い

深刻な方になると

「歯医者さんの前を通っただけで具合が悪くなる」

「予約の電話すらかけることができない」

など、歯科医院の現場にすら行くことが出来ない状況です。

 

歯医者さんが怖くて行けない、

治療そのものにただならぬ恐怖を感じる、

貧血や、過換気、血圧の著しい変化など身体に

反応がでる

などなどを含めて歯科恐怖症だと思って下さい。

 

 

そうは言っても、

世間では何が起きているのか

知っておこうと思いまして

 

「歯医者が怖い」

で検索してみました!

トップは、なるほど、ヤフーQ&Aです。

 

また、これがイイアンサーでしたので

ピックアップしてみます。

読んで見て下さい。

Q「情けないことですが、歯の治療が怖いのです。
過去に、麻酔なしで歯を削った時に...」

 

この方の訴えは、ちょっとした治療でも麻酔をして欲しいというものです。

これに対してベストアンサーでは

「無痛治療を謳う歯医者」をお薦めしています。

そして、何でもかんでも麻酔が必要なわけではないこと

歯科医にちゃんと言いたいことを伝えなさい

という風に締めくくっています。

 

さて、

 

質問者の内容をもう一度詳しく見ます。

 

すると、

過去に、痛くても麻酔をしてくれなかった、

今でも忘れられない拷問のような経験をした。

それ以来、歯医者の椅子に長時間座ると貧血で手足がしびれる。

みなさんはこのQ&Aを読んで、どんな風にお感じになったでしょうか?

 

 

アンサーは、おそらく歯医者さんですよね。

自分の立場に立って書いています。

「・・・入れ歯を削る時まですら、麻酔をと言う人までいるのですよ」

 

さて、

ワタシはこんな風に感じました。

 

まず、質問者の方の経験は

「医療上の恐怖体験によるストレス反応」です

いわゆる「トラウマ反応」になるんですが

トラウマという言葉は間違えて使われる場合もあるので、

ここではストレス反応でいきます。

 

歯科医側にとってみれば

日常の一コマなのかもしれませんが

被害者の患者さんにとってみてば、

いじめ、虐待、レイプ、DVなどと同じように

心にてとても大きな打撃を受けています。

そして、それ以来、「貧血や手足のしびれ」が出るようになった、

という事は、時間が経っても、この方の恐怖は消えること無く

似たような状況になると、身体の反応として

繰り返し現れているのです。

 

 

ベストアンサーの歯科医側に

ここまで患者さんの状況を推し量る努力はあったのか?

はわかりませんが、

これがベストアンサーというのは、

非常に寂しい限りです。

 

ベストアンサーの内容を見ると

・・・無痛治療を謳う歯医者なら問題ないと。

ところが、

最近の歯医者さんのHPにはかなりの割合で「無痛治療」が

書いてあります。

内容は千差万別ですが、

ただの謳い文句に過ぎない事は

今までの経験上、想像にかたくありません。

ワタシのオフィスにも

「騙された~」

という患者さんが沢山います(T_T)

 

 

そして、ベストアンサーは続けて

「麻酔を使っても意味がない・

使う必要の無い処置も多数有ります。

その代表は歯石取りなどでしょう。

麻酔はあくまでも痛みを伴う処置に使う物です。

最近はあまりに痛むことを嫌い、

神経の無い歯を削る場合にすら

麻酔を使って欲しいと言う

患者さんもおられます(^^;....」

 

こう言っています。

 

当院で歯石をとる時。

初めての方からは麻酔を希望される場合があります。

もちろん、断りませんが、

「痛かったらすぐ麻酔しますから、一度だけ試してみませんか?」

とお話します。

そして、終了後、

「いや、今までの歯石取りは何だったんだって感じです。

痛いというか、寝ちゃった~」

こんな事がよくあります。

 

 

神経がない歯の治療では、

麻酔しない方の割合が少ないくらいです。

だって、神経がなくたって、

削る刺激や、振動、歯肉に触る仮歯の辛い材料、

できればその不快感や痛みから遠ざかりたいと思うのは

自然な欲求だと思います。

 

 

最後にベストアンサーはこう締めくくっています。

「麻酔を打ってもらえると言う発想ではなく、

ご自分の希望を歯科医師に伝える事が大切です」

 

もう一度最初に戻ります。

 

質問の題名は

「情けないことですが、

歯の治療が怖いのです。

過去に、麻酔なしで歯を削った時に...」

 

情けないことに・・・から始まるこの質問者は

相手に気を遣う方で、

言いたいことを中々はっきり言えない方なのではないでしょうか。

そんな方が、過去に恐怖体験を受けて

自分より立場が上だと思っている(ホントはそんなことはない)

医師に普通に意見を言えることが出来るとは想像しにくいです。

少なくとも、私はそう思います。

 

 

私のオフィスでは

心理学をベースにしたコミュニケーションや

患者さんとの関わり方の積み重ねや

メンタルケア(心理カウンセリング)で

歯科恐怖症に対応しています。

今までで、治療が完遂出来なかった方はいらっしゃいません。

 

 

わたしが質問者だったら、

このベストアンサーの医院には絶対行かないですね(笑)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

北川俊哉

 

 

The following two tabs change content below.

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-歯科恐怖症, 痛くない治療

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.