歯科恐怖症でも安心な東京日本橋の歯医者

北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備

 TEL 03-3272-7877

月曜~金曜 9:30~18:00/月2回土曜日 9:30~17:00

インプラント コミュニケーション

取材を受けました!

投稿日:

いつもありがとうございます~

先日、医科や歯科の紹介をしている

情報サイトから取材の申し込みがありました。

こんな感じ。

ドクターズファイル

で、アップされたんです~

https://doctorsfile.jp/doctor/hospital/28962/df/1/?area=chuoku

自分の事は気恥ずかしいものですが

とても良くまとめて頂いて、

男前に撮っていただいて(←コラー)

ありがとうございましたm(_ _)m

今回の取材はとても深いお話まで出来ましたし

もう印象に残った患者さんのお話も久しぶりに
思い出しました。

日本の経済界の中枢にいらっしゃった方で

長いこと癌を患っていました。

という割には

すっごく元気そうで

活動的で

何より素晴らしいお人柄でした。

義歯を長年使っていた患者さんは

「死ぬ前に一度ビフテキを食べたい」

「だから、先生、インプラントをやってもらえませんか?」

というお願いをされました。

インプラントは癌治療されている方には基本的に禁忌です。

骨と結合する確率も下がるでしょう。

何より私が悩んだのは

これから、何年、何ヶ月、何日かも知れません、
残された人生が少ないことがわかっている方に

治療をしてもいいのだろうか?

幾度も悩みました。

患者さんはもうずいぶん長いこと病気と闘っており

全く死を恐れていないようで、

残された人生を気持ちよく、最後まで自分らしく生きたい

そんな想いがヒシヒシと伝わってきました。

私はリスクを承知で引き受け、

抗癌剤の投与の合間を縫うように

手術と治療を行い、
後もう少しで歯が入るという秋に患者さんはこうおっしゃいました。

めったにわがままも無理なお願いもしない方です。

「先生、10月にどうしても大切な会食があるんです。

そこに歯が間に合うようにはできませんか?」

お相手は日本人であれば誰でも知っている方でした。

完璧に綺麗な仕上がりとは行きませんでしたが

しっかりとしたインプラントの歯が入り、

患者さんは京都に行かれました。

その後、一度調整にお見えになられた時に

「ビフテキが食べれた、会食に間に合って本当に嬉しかった」

そうおっしゃって頂きました。

しかし、その顔色は誰の目から見ても

彼の人生にあまり残された時間がないことは明らかでした。

私はその治療とともに医院を退職し、

開業の準備に入っていました。

ある朝、ふとその患者さんの事が気になり

新聞を開いたのです。

あまり見る機会のないその小さな欄には

患者さんのお名前がありました。

私が作ったインプラントの義歯は1ヶ月で

役目を終えたのです。

やはり自問自答が続きました。

喜んでは頂いたものの、

果たして自分がしたことは正当化されるものだろうか。

ずっと私の心の隅に焚き火の残り火のように燻り続きました。

開業して1年半ほどたった時に、

奥様が治療でお見えになられたのです。

ご主人様の治療についてお話をしてくださり

感謝されていた事を初めて実感しました。

私たち医療人はとかく自分の出来ること、

やりたいことを患者さんに押し付ける傾向が強く

方や患者さんの希望には背を向けたり

専門家である自分を否定されたような気持ちになる場合もあるようで

コミュニケーションが上手く取れているとは言えない状況が多いようです。

私はこの患者さんから、医療の本質を教わったように思います。

患者さんの希望を専門家がうまく叶えてあげること。

これが本来の医療だと。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

北川俊哉

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診  :40,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

記事の購読には、Facebookが便利です。

-インプラント, コミュニケーション

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 All Rights Reserved.