歯を白くしたい

歯の神経を取って変色した歯はセラミックで治せますか?

投稿日:

歯の神経を取って変色した歯はセラミックで治せますか?

歯の中には歯髄という神経があります。神経といっても血が通っているお肉のようなものです。痛みが出ると、脈打ったような感じになるのは、血が通っているからです。虫歯が神経まで達したり、歯髄に炎症が起きると歯髄は根の先まで除去しなくてはなりません。前歯などは歯の裏側から穴を開けて歯髄を除去します。神経(歯髄)を取って時間が経つと歯が変色してきます。これは虫歯ではありませんが、神経の取り残した数などが影響している場合が多いです。

変色した歯を治す方法は?

1-1ホワイトニングで歯を漂白する

神経を取った歯であれば、歯の内部から漂白も可能です。長所は歯を削らなくて済むこと、欠点は願う色合いになるかはやってみないとわかりませんし、イコールになることはありません。そして、すでに虫歯の詰め物がある場合は詰め物の色は変わりませんので、ホワイトニングの後に詰め物もやり直す必要があります。そして、詰め物は強化樹脂ですので乾いたり、磨き残しがつくと変色や劣化が早まります。

1-2セラミックの歯を被せる

元の虫歯が大きい場合は、あちこちから詰め物をすると継ぎ接ぎだらけのようになってしまう場合もあります。歯と詰め物の境目が多いからです。せっかくホワイトニングをしてもその効果は半減してしまいます。こういう場合は、残っている歯は少なくなっていますので、全体をりんごの皮を剥くように削り、セラミックの歯を被せたほうがベターでしょう。今回は、その1例をお見せします。
治療前です。真ん中右寄りの歯が変色しているのがわかります。ご相談の結果、セラミックの歯を被せること、矯正治療も行うことになりました。11再治療術前

矯正が終わり、歯の形を整えて仮歯にします。そして、型を採ってセラミックの歯を作って接着剤で止めました。11再治療術後1

11再治療術後311再治療術後5

とてもキレイに仕上がって満足していただけました。

まとめ

神経(歯髄)を取った後の変色はホワイトングやセラミックの歯を被せることで治せます。歯がどれくらい残っているか、かみ合わせはどうか、どこまでリクエストされるか、等によって選択していきます。そして、一番大事なことは、歯を削ったり被せたりするということは、取り返しの付かないことだという事を覚えておいてください。この削って被せる治療は一般的なものですが、技術レベルは天と地ほどの差があります。信頼できる先生によくよくご相談されてから治療を受けることをオススメします。

The following two tabs change content below.

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-歯を白くしたい

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.