クリーニング&メインテナンス 拡大精密治療 歯周病

見えてる歯石は取り残せるか?

投稿日:

今日もありがとうございます。
今日のタイトル
???
ですよね。
ウチにお見えになった50代の女性
仮にAさんとします。
Aさんは、とても健康に意識があって
歯もその対象になっています。
毎月、60分の自費のクリーニングを受けていました。
ウチには、クリーニングではなく、
他の歯の相談でお見えになりました。
では、とお口の中を一通り診ました。
私は、通常は10倍の拡大鏡をかけています。
すると、
その歯は、目的の歯ではなかったんですが
こんな感じでした。
昨日、他院でクリーニングその1
これは、顕微鏡で写真を撮っていますから
裸眼で見るよりも
はるかに大きく見えています。
何かお気づきになったでしょうか?
もう一度、今度は解説付きで
昨日、他院でクリーニングその2
矢印の先に見える濃い色の部分は
「歯石」
です。
この方は、昨日、10000円を払って
自費のクリーニングを受けて来ました。
2年ぶりに行った訳ではありません。
毎月、マジメに通って歯を大事にされているのです。
施術をした歯科衛生士さんはベテランで
3倍の拡大鏡を付けているそうです。
私は常々、拡大鏡がなければ始まらない、
見えていなければ、
歯石や虫歯を取り残してしまうと言っています。
しかし、
拡大鏡を付けていれば、安心というわけにはいかないようです。
実際、今回の例だけではなく、
拡大鏡を付けていても
イケテナイ例は
たくさん見ます。
拡大鏡や顕微鏡は
最低条件です。
キャンプで火が起こせないと始まらないように
歯や歯茎を正確に見れなければ
治療は始まらないからです。
知識、技術が組み合わさってこそ、
いや、それに高い倫理観も必要です。
なぜかって?
だって、歯石にしても
虫歯にしても、
セラミックや金属にしても
私たちの治療は
その良し悪しは
何年も経ってからでなければ
分からないことが多いから。
まとめ
Aさんの不幸な出来事から学ぶことは
・拡大鏡は弱拡大(2-3倍)では不十分
・最低でも5倍以上の視野が必要、出来れば8倍以上
・拡大鏡を付けて、見えるようになることと、
   目的を持って診ていることは別問題
・歯医者、歯科衛生士の技術は判りにくい
・何か違和感や、不満を感じたら、尋ねてみよう
今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
北川 俊哉

 

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-クリーニング&メインテナンス, 拡大精密治療, 歯周病

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.