痛くない治療

痛くない歯の麻酔はありますか?

投稿日:

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

北川デンタルオフィスの北川です。

先日、お見えになった患者さんのことです。

何度も同じ治療を繰り返しているが、うまくいかないと。

麻酔して、矯正のための小さなネジ(マイクロスクリュー)を
入れる手術なんですね。

で、ネジがすぐに緩んで使えないというお話だったんですが、

とにかく、麻酔の注射が痛かったと。

麻酔の後で頭がフラフラしたと。

フラフラしていたが、椅子を倒して横にさせてもらえたわけでもなく

ただ、我慢していたそうです。

ネジもそうですが、麻酔をされることに恐怖を

感じているようでした。

麻酔の途中や後で具合が悪くなる方は時々います。

様々なパターンがありますが、

今回は、麻酔の痛みのショックがフラフラにつながったと判断しました。

IMG_1557.JPG

そこで、何が起きていたかを患者さんに説明しまして

なるべく痛みを感じないように麻酔をしていることを伝えました。

これで、痛かったら、本当に歯科が嫌で怖くなってしまうかもしれないので、

責任重大です。

治療を始める前に、診療台に入ってもらう前に必ずこうしてお話を聞いて

説明します。

それから、診療台にご案内します。

痛みを強く感じる一つの理由は緊張です。

オフィスの雰囲気、スタッフもとても大事ですが

やはり、医師の関わるウエイトは最も大きいと思います。

お話を聞く姿勢や、態度は何より初めに患者さんは見ています。

お話を遮らないように聞きます。

患者さんの言葉はわかりやすい説明ではない場合も、科学的には説明がつきにくい場合も少なくありません。

わかりにくくてすみません、と恐縮される患者さんもいます。

そんな時は

「いえいえ、そんなことないですよ、伝わっています。あとでまたご質問させてもらってもいいですか?」

こんな風にお答えします。

医師は自分の頭の中にある教科書的な診断チャートに沿って考えています。

患者さんの説明がそこから外れると困るんですね。

そういう時は、患者さんを否定します。

例えば

前回の治療は右上の神経の無い歯の治療でした。

患者さん「右上が前回の治療の後からしみるんです」

医師「あのね、右上の歯はもう神経がないの、だかしみるワケがないんです」

こんな感じですね。

これをやられちゃうと、患者さんはもう説明する気がなくなってしまいます。

ちなみに、この患者さんのしみる原因は、前回の治療で傷ついてしまった歯茎の傷がしみる、というものでした。

つまり、患者さんの訴えは正解だったのです。

診療台に上がる前にうまくいくか、半分は決まっています。

そして、声をかけながら椅子を倒していきます。

腰が痛くないか、首の位置は平気か。

眩しくなるので目元をガーゼタオルで覆いますが、

パニック障害などで覆うことが難しい方もいますので、その時その方の状況を
みていきます。

お口に入れる鏡は温めておき、お口の開けてもらう量は最低限にします。

拡大鏡を使うと僅かな隙間でも治療は可能です。

歯茎に塗り薬の麻酔薬を塗って、

極細の針を使います。

麻酔液は人肌に温めます。

冷たい薬が身体に入ってくると痛いのです。

深呼吸をしてもらいます。

針を入れるのは、息を吐く時です。

吸う時は緊張しています。

緊張で息が早い、息が浅くて、深呼吸になっていな方もいますので

息が整うまで声をかけながら、一緒に深呼吸をします。

ほんの僅かな量を入れたら一度お休みです。

麻酔が浸透するのを待ちながら何度かに分けて入れます。

この時に急いでたくさんを一度に入れると痛みます。

よく、電動麻酔器を無痛治療で謳う医院がありますが、

あれは、ゆっくりしか入らないので痛くない、という理屈です。

その程度の力のコントロールができない歯医者さんってマズイと思うのは

わたしだけでしょうか。。。

詳しく書き出すと、本が一冊書けます(^^;;

ここまでやっても、無痛治療はありません。

それは、無痛治療を心掛けているだけです。

私たちの身体はそんなに簡単なものではないと思います。

ガチガチに緊張していれば、何をしても効きません。

お酒の強い弱いは関係ありません(笑)

さて、ご紹介でお見えになった方は

「だいじょぶです!もう麻酔打ったんですか!これなら平気です!」

ということで、頭もフラフラせずに

フツーに治療を終えました。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

北川俊哉

北川デンタルオフィスへは、まずはお気軽にご相談からどうぞ。

メールでもお電話でも、あなたのご都合の良い方法で構いません。

時間外でも、ステキな留守番電話メッセージが承ります。

メール
office@kitagawadental.jp

電話
03-3272-7877

HP
www.kitagawado.com
www.kitagawadental.jp

ドクターズファイル
https://doctorsfile.jp/doctor/hospital/28962/df/1/?area=chuoku

The following two tabs change content below.

北川俊哉

1996年 東京歯科大学卒業、藤本歯科医院、藤本研修会、近藤歯科医院に勤務後 2007 年 北川デンタルオフィス開院 棚田式プロセラピスト養成講座修了 全米NLP 協会プラクティショナー 日本NLP 協会プラクティショナー 保険を扱わない開業医。 他院で治らない、診てもらえない方の難治性の痛みや 歯科恐怖症、口臭治療、歯ぎしり食いしばりの治療などに積極的に心理療法を取り入れている。

お気軽にお問合せください。

ご相談ください。

初診では、簡易検査、写真撮影、カウンセリングと60分間ご相談できます。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■精密検査込みの初診 :40,000円(税別)
■応急処置:3,000円~(税別)

住所:東京都中央区日本橋2丁目2−8 東京風月堂日本橋ビル7F

お電話でのお問合せの場合、03-3272-7877(平日9:30~18:00 土曜日9:30〜17:00(土曜日は休みの場合あり))にお電話ください。

-痛くない治療
-

Copyright© 北川デンタルオフィス|歯医者恐怖症・カウンセラー完備 , 2017 AllRights Reserved.